イトリゾールで真菌治療しよう

イトリゾールは真菌を殺菌する薬です。真菌が原因でおきる病気として水虫やたむし、カンジダなどがあります。また真菌の感染症は皮膚だけではなく、皮膚の奥深いところや内臓にもおよびます。内臓真菌症として、真菌血症、呼吸器真菌症、消化器真菌症、尿路真菌症、真菌髄膜炎などがありますが、イトリゾールはこのような病気の治療にも有効です。

真菌の特徴として、ヒトの細胞には存在しないエルゴステロールを主成分とする植物性細胞膜があります。この薬はエルゴステロールの合成を阻害することで殺菌的に作用します。

抗真菌薬のなかには真菌の細胞膜にあるエルゴステロールと直接反応することで殺菌効果を発揮する薬もあります。ポリエン系の抗真菌薬です。薬が反応することで真菌の細胞膜に穴が空いてしまい、死滅させることができます。一見パワフルな薬のように見えますが、作用するのはエルゴステロールだけではありません。ヒトの細胞の細胞膜はコレステロールからできていますが、ポリエン系抗真菌薬はコレステロールとも反応するため、副作用がでやすいという欠点があります。代表的な副作用で大きなものとして、腎障害や低カリウム血症があります。

そこでエルゴステロールと直接反応するのではなく、その生成を阻害することでヒトの細胞には影響を与えない薬としてアゾール系抗真菌薬が開発されました。イトリゾールはアゾール系のなかでもトリコナゾール系に属する抗真菌薬です。ポリエン系抗真菌薬に比べると副作用が少ないのが特徴です。

それでも副作用がまったくない薬は存在しません。副作用についてみていきましょう。重症化することはほとんどありませんが、肝臓が悪くなる場合があります。初期症状として、だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹などがでることがあります。また皮膚や白目が黄色くなったり尿が茶褐色になることがあります。このような症状がでたら肝臓に障害が出ている可能性があるので医師に相談する必要があります。

イトリゾールを服用する場合は、通常は成人の場合100~200mgを1日1回食直後に経口服用します。ただ爪白癬の場合は1回200mgを1日2回食直後に1週間経口服用し、その後3週間休薬するという変則的な服用法をすることがあります。これは服用終了後もイトリゾールが爪のなかに長期間とどまる性質をもっているからで薬を休む期間をいれることで服用期間を短縮し、これによって副作用のリスクを下げることが可能になります。

■爪水虫に効果のある薬はこちらで購入できます
イトリゾールは効果が高い
■カンジダ症や白癬に効果的な治療薬の購入はこちらから
ニゾラールはネットで買える